家庭で行うエコ情報サイト

>

家庭の中で可能なリサイクル

家庭で取り組める身近なエコ

家庭で取り組めるエコ活動は多岐にわたります。
簡単なところから言えば、ゴミの分別をしっかりと行い、資源ゴミとそうでない物を区分けしておく事。
新聞やペットボトルなどは区分け出来ていても、他にちょっとした袋やパッケージにもリサイクルマークがついている場合が多々あります。
そういった物も全て資源ごみとして分別するよう心掛けるだけで、エコ活動を推進出来るのです。
他にも、エコバックやマイ箸を持つ。
お風呂の水を洗濯用に利用したり、雨水をためて植物への水やりに利用して節水に努める。
(節水に関しては普段から意識をしておくと災害時に非常に役立ちます。)
着なくなった服や日用品はバザーやフリーマーケットに持って行く、などもおすすめのリサイクルです。

ゴミの量自体を減らそう!

ゴミの分別や再利用を行う事はもちろん環境に良いですが、何よりゴミの量自体を減らす事を念頭において生活しましょう。
その為にまずは、必要以上の物を購入しないという事から始めましょう。
物に溢れた生活に慣れきってしまうと、買い物の量を減らす事は難しく感じるかもしれません。
しかし、例えば気に入った商品を目にした時に直ぐに手を伸ばすのではなく、その物を購入するメリット、どれだけの頻度で使うか、家に同じような物はないか、といった具体的なイメージを頭の中で描いてみるのです。
安いから買う、または流行だから買うといった心理ではなく、その物が今の自分にとって本当に必要かどうかを見極める事が大事。
明確な意思があれば、ゴミの量は自ずと減ります。


TOPへ戻る