家庭で行うエコ情報サイト

>

生活に根付いたエコ活動について

リサイクルには種類がある?

環境悪化が懸念される昨今において、リサイクルは国を挙げての重要な課題です。
とりわけ日本のリサイクル率は諸外国と比べても低く、殆どが焼却に回されているのが現状です。
日本におけるリサイクル率の低さが指摘されている中で、近年では家庭で出来るリサイクルについての意識が徐々に高まりつつもあります。
ゴミを分別して出すのは当たり前、その前にゴミ自体を減らす工夫も推奨されています。
たとえば、要らない物を必要以上に買う事を控えたり、そもそもの消費量を減らす事(リデュース)や、ゴミとして処分する前に再利用したり、中古品として売ったりする(リユース)、そしてゴミを再び資源へ戻し、新たな製品の材料として使用する(リサイクル)など、様々なエコ活動が推奨されているのです。

リサイクルを行う上での注意点

リサイクルが広く一般に定着している昨今ですが、リサイクルについての正しい知識が無いままに行っている人も少なくありません。
リサイクルは、地域や出すゴミの種類によっては罰則を設けている事もあり、リサイクルを行うには常に正しい知識を有しておく必要があります。

例えばペットボトルや缶などを資源ゴミとして出す場合、容器を簡単に水洗いし、かさばらないように潰して出す必要があります。
ラベルやキャップを付けたままにして出す人もいますが、本体とは別に処分するのが正しい分別方法です。
作業をする人がケガをしないよう、袋の中に刃物などの危険物が混じらないようにしましょう。
また、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、エアコンなどの大型家電は家電リサイクル法によって、業者に廃棄を依頼する必要があります。
家電リサイクル法は消費者にも責任を課せられた法ですので、適切な処理を行いましょう。


TOPへ戻る